www.pioneercommunitychurchmackay.com

キャッシングした場合、お金を返す時には金利を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。銀行又は金融機関は収益を狙いとした企業ですから必然です。とはいえ返金する方は、1円でも少なく返金したいと思うのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が施行される前は年間30%近い利息返していましたが、設けられてからは高利息でも年間18%位とかなり低く定められていますので、随分リーズナブルになったような気がします。現在のローンの利率範囲は4%位から18%位の幅が用意されていて、利用上限額により決められます。使用可能額は借り主の信用度によって決定されます。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、一年の収入がどれほどあるのか?どのような仕事をしているのか?カードの使用履歴はどうなのか?などが見られ与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まるのです。カードキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は異なります)と広い幅があります。そしてその幅の中で決定した使用可能金額により利子も決まります。50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら4%といった流れになるのです。いわば、信用が上がれば、貸付可能金額も良くなり、利率も下がります。この金利に疑問を覚えるのは私だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、これらの事実は問題がない事なのかもしれませんが、年収の多い人がキャッシングローンが必要と思えませんし、万一キャッシングしたケースでも金利が多かろうが少なかろうが支払いに追い込まれる事はないのです。逆に一年の収入悪い人は即座に必要なのでキャッシングするという方が大抵です。金利が多いと返済に苦労するなるはずです。ですから使用可能範囲の小さい人こそ低金利で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。これは活用する立場としての意見となります。この事を念頭に置くと、利息を低くする為にはどうするべきか漠然と感じたのではないでしょうか。現にこれから記述方法で、手続きを申し込む人が大勢いるので教えますと、キャッシングの申請をする時に、収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みを行うのです。このカードローン審査で申し込んだ満額通ればそれだけ利子が低いキャッシングカードを持つことができます。だからと言って全額利用しなければならないわけでもないのです。5万円でも30万円でも必要な分だけ使用できます。そのうえ上限利用範囲が300万円で最低利子7%位のローン会社もあります。その会社に申請すればその金融会社の最低金利で使用できるはずです。どうですか?やり方を変えるだけで低利子のキャッシングできるカードを持参することが出来るようになります。自身の一年の収入とローン業者の利息を比べて、検討する事さえ怠らなければ、より満足できる条件で借りれるはずなので、面倒だと思わず調べるようにしましょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pioneercommunitychurchmackay.com All Rights Reserved.