www.pioneercommunitychurchmackay.com

破産申請までは裁判という類の法による行動は許可されています。また自己破産に関する正式手続きに入ったのち申し込みまでに時間があったケースには債権者から裁判を起こされるリスクが上昇します。債権者側にとっては債務の支払いもしないままさらに自己破産といった法律の対応もされないといった状況であると団体内部での完結処理をやることが不可能になるからです。言ってしまえば係争が終わりどのような判定がなされるとしても申立人に借りたお金を返す資金はありません。債権者もそれについては認識の上で訴えなどの無茶なやり方で期待通り和解に持ち込み返済させるとか債務人の父母や一族に返金させるという展開を狙っている際も見受けられます。(補注)平成17年の1月1日に改正となった新しい破産の法にもとづき破産の申し立てをすると差し押さえのような法の手続きについては実効性がなくなることになります。破産法の際と違い訴訟の提起などをしても無効になると考えられるから現実的に訴えをしてくる取り立て会社は消えると予想します。そういう意味でも、平成17年の1月1日に改正となり自己破産制度は今までと比べて用いやすくなったと思います。返金督促の際督促というのは、司法が債務人に直接、債権の払込をせよというものです。通常の訴えをするプロセスと異なり、一方的な意見を聞いて行われていくためオーソドックスな提訴のように期間と裁判料金が高くなりすぎないので、業者がよく使う法的な手法です。支払いの督促の申請があったら裁判所の知らせが送られることとなりその知らせが配達されてから2週間が経過すると、債権人は負債人の財産(給与も入れて)に関し差押え行為が実行可能になってしまうのです。支払督促に対抗して異議を提出することが可能ならば、普通な裁判に移っていくこととなります。(補注)審理は長期化しますので免責まで裁決がくだらない可能性が濃厚になります。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pioneercommunitychurchmackay.com All Rights Reserved.