www.pioneercommunitychurchmackay.com

自己破産手続きをする人で自分の負債に関して保証人を立てているときには、きちんと話しておくべきでしょう。ここで、強調しておきますが、借金に保証人を立てているときは、破産の前段階によく検討しておかなければなりません。つまりはあなたが破産手続きを取って免除されると、その人たちが借金をみんな支払う必要があるからです。自己破産手続きの前段階で保証人である人にこれまでの内容とか現状を報告し謝罪の一つも述べなければなりません。そういったことは保証人になってくれた人の立場で考えると当然のことです。借金をしたあなたが自己破産をするのが原因で有無を言わせず大きな借金が発生することになるのですから。それで、その後の保証人の選ぶ方法は4つあります。一つの方法は、保証人が「みな返す」という手段です。保証人となる人がすぐにでも金額を問題なく完済できるほどのような現金を持ち合わせていればできます。でもその場合、自分は破産宣告せずに保証人である人に立て替えをお願いして自分は保証人に定期的に返していくということもできるのではないかと思います。また保証人があなたと親しい関係にあるのならば少しだけ完済期間を延ばしてもらうことも可能かもしれません。いっぽう一括で返金が不可能だとしても、業者側も分割に応じることもあります。あなたの保証人にも破産手続き実行されてしまうと、借金が一銭も返らないことになるからです。また保証人がその債務を代わって立て替える財力がない場合は、借金しているあなたとまた同じくどれかの債務の整理を選択が必要になります。続く方法は「任意整理」を行う方法です。この方法は債権者と話し合いを持つ方法で、5年ほどの期間内で返済する感じになります。実際に弁護士事務所に依頼する際のかかる経費は1社につきだいたい4万円。7社から負債があれば28万円ほどかかります。貸方との交渉を自ら行うこともできないことはないかもしれませんが法的な経験のない方の場合相手側が自分に有利な提案を勧めてくるので、慎重である必要があります。くわえて、任意整理を選択するということは保証人に債務を立て替えてもらうことを意味するのですからあなたは長くかかるとしても保証してくれた人に返済を続けていく必要があるでしょう。3つめですがあなたの保証人も債権者といっしょに「破産する」という方法です。その保証人も返済できなくなった人と同じように自己破産をすれば保証人の責任も消滅します。ですが、保証人が不動産などを持っている場合は価値のあるものを失ってしまいますし証券会社の役員等の職業についているのであれば影響が出ることは必須です。そういった場合、個人再生という処理を活用できます。では4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」ことができます。住宅等の不動産を手元に残しつつ借金の整理を望む場合や破産申告では資格制限にかかる業務についている方に検討していただきたいのが個人再生です。これなら、住居する不動産は処分しなくてもよいですし、破産申し立ての場合のような職業の制限、資格にかかる制限が一切ありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pioneercommunitychurchmackay.com All Rights Reserved.