www.pioneercommunitychurchmackay.com

予測せず急に起こるのが交通事故です。ここでどうやって判断したかによって、自動車保険料の受け取りもかなり大きく変わってくる場合も予想できますので間違えない決断と対策が重要です。想像できない状況で冷静さを失ってしまえば大切な事を見失ってしまい、先々自らがとても大きな損を負わされる場面も考えられるので交通事故を起こした時には正しく次の判断を行います。自動車の事故をした時にまずする必要があるのは怪我人の確認です。事故の後は動揺して何も出来ない状態になってしまう時があり短期間で対応できないのが通常です。ですので、負傷した人がいた場合には危険じゃない地点に運んでから処置して、119番通報するなど人命の最優先に努める必要があります。119番に連絡する場面では的確な現場を連絡して不明確な場合には目を引くお店や地点を伝えて事故の現場の場所が分かるようにします。その後で110番に通報して、事故が起こった事さらに現在の様子を知らせます。救急車と警察を待っている時に相手の身元を聞きます。名前、免許証番号、ナンバープレートの番号、相手側の自動車保険会社と言った相手だけでなく自分の内容を教えます。その時に相手に違反が存在する状態では、事故現場で片付けようとすることがありますがすぐに片付けるのではなく、どういうケースであっても警察や保険の会社に通報して正しく判断してもらう事が大切です。各々の情報を教えあったら他者の邪魔にならないために妨げとなる物道の上から取り除きます。万が一障害物が他者の障害物となっている時には、各々の情報交換をするより早くその対応を行っても問題はないです。その次に自分が加盟している自動車の保険会社に連絡を入れて自動車の事故があった旨を知らせます。交通事故から一定時間の間に保険会社に報告していないと自動車保険の適用外となるケースも想定されますのでなるべく時をおかずに行動することが必要不可欠です。さらに現場の証拠になるように、デジカメやスマホ等を使って現場や事故車の壊れた箇所の写真を残しておきます。この写真は落ち度の割合決める際にとても重要なデータとできますので、あなたの愛車や先方の愛車の破損状態を正確に証拠写真として残しておいてください。この場面で見た人がいたとしたら警察の方や自動車保険会社が駆けつけるまで事故の現場に待機してもらえるように求めることも大事です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pioneercommunitychurchmackay.com All Rights Reserved.